『まだ同点だぞ』と鼓舞をしてくれたことで我慢をすることができた』ファイル、ゾットの猛攻を跳ね返す。

2017年8月19日

関東フットサル1部リーグ第10節

東京ドームスポーツセンター東久留米

ZOTT WASEDA 3-5 FIRE FOX FUCHU

Football Future ZOTT WASEDA
ZOTT WASEDA
Football Future FIRE FOX FUCHU
FIRE FOX FUCHU

ファイル、2点のリードで折り返す。

 

優勝戦線に残るためには互いに負けることができない一戦。

試合開始からわずか1分でファイル21柳澤がGKをうまく引き出し技ありのループシュートで先制。

さらに18三木のゴールで追加点を挙げる。

 

すると試合はヒートアップしていきボールとは関係のない場面での小競り合いが増え、審判が注意をする場面があった。

ゴール前まで行くがシュートがなかなか打てないゾットだったが残り1分を切ったところで19雪島が決めて2-1と詰め寄る。ファイルのGK高橋は「なぜ打たせるんだ」とばかりに悔しがった。このタイミングで安藤へとGKが交代。

このまま終わると思われたがファイルは24西川が今シーズン初となるゴールを決める。そのまま3-1のスコアで前半が終了。

 

勢いを取り戻したゾットの猛攻も実らず。

Football Future 吉成
再びリードを引き寄せた吉成。

 

後半に入るとゾットの迫力ある攻撃が増える。3分経たずして2点を奪い3-3の同点とする。

2点のリードを追いつかれたファイルにとっては苦しい展開となったが『年上の選手たちが試合を落ち着かせて、『まだ同点だぞ』と鼓舞をしてくれたことで我慢をすることができた』(ファイル・西川)というようにゾットの猛攻を耐えしのぎ、残り7分を切ったところで右サイドから11吉成のファーサイド上隅へのスーパーゴールが決まり再びリードを奪う。

 

お互いに球際が激しくなり少し荒っぽい展開となる。

その中でゾットはGKとの1対1になる場面が多くなったがここはファイルのGK安藤がことごとくシャットアウト。

 

さらに残り2分を切りファイルは20宗像が決めて5-3とする。

そのまま試合が終了。5-3でFIRE FOX FUCHUの勝利!

 

Football Future ZOTT
点数を決めた後には必ず喜びの輪ができるZOTTからは選手同士の仲の良さを感じる。

監督が使い続けてくれた

Football Future 西川
今シーズン初ゴールを決めた西川。

 

試合を振り返ってください

「幸先よく点数を決めることができて良い試合の入り方ができたかなと思います。2-0でそのまま(前半を)終われたら良かったんですけど失点をしてしまって。そのあとたまたま僕がゴールを決めることができて2点差で折り返せたのはデカいかなと。ひっくり返されてしまう試合とかもここまで多かったので後半に同点に追いつかれて自分たちで苦しい試合にしてしまったんですけど、監督がスーパーゴールを決めて、苦しい中自分たちで耐えることができて勝てた試合だったので大きい勝点3だったのかなと思います。」

今シーズンがすでに半分が終わってこの試合から後半戦。今日が初ゴールということでここまで長かった?

「そうですね。そこは本当に。正直、他の若い選手で凄い選手、うまい選手がいるんですけど、チームの状況的にも3-1でやるフットサルなのでピヴォとして機能しなきゃいけない、前で起点にならなきゃいけないという部分で監督が使い続けてくれた。今日は失点に絡んでしまった場面もあるんですけど、得点を決めることができたという部分でも大きな試合だったかなと。」

昨シーズンは調子良さげに点数を取っていた印象があるだけに今シーズンは調子が悪いのかなと思ったりしたけれど自分自身の感覚としては?

「仕事の関係でチームの練習に参加できていない、活動に参加できていないという部分があって。これはただの言い訳になっちゃうけどそういう意味ではコンディションが上がらない部分があって最初の頃は自分のプレーができなかった。それでも連戦が続いている中で使い続けてもらって徐々にですけど自分のプレーができるようになってきてるのかなと。後半戦は結果を残していきたいなと思っています。」

 

Football Future 西川
このガッツポーズが苦しかった今シーズンを表している。

それまで身体を張って耐えているのに最後のその一つで失点してしまう

 

前半を良いスコア、良い形で折り返したけれど後半の早い時間に同点にされてしまった。チームとして修正したこと、気を付けたことは?

「立て続けに2失点してチームが崩れていってしまうというのを今までの過去の経験でしていて。年上の選手たち・三木さん、曽根さん、長尾さんたちが試合を落ち着かせて、『まだ同点だぞ』と鼓舞をしてくれたことで我慢をすることができたのかなって。」

これで4勝目。得点も取れている中、失点の数字が多い印象があります。実際プレーしている選手の感覚としては?

「そうですね・・・これはチームのミーティングでも話していることなんですけど、失点するにしても最後の最後に自分たちが身体を張って、やりきっての失点というよりはそれをやらないで失点してしまう場面っていうのが多くて。僕自身もそうですけどそれまで身体を張って耐えているのに最後のその一つで失点してしまうというのが今シーズン多くて。やっぱり試合で後悔したくないし、負けたくないので練習で改善しているところです。最後のその一歩の部分とかっていうのはチームに浸透してきているのかな。もったいない失点というか・・・その部分って難しいですよね。」

この試合から後半戦がスタートしました。選手権の予選などもこの後入ってきます。そこに向けた意気込みをお願いします。

「前半戦は4位以内に入れなくて選手権も都予選から始まるし、リーグも優勝に絡める可能性もあって地域チャンピオンズリーグもそうだし。9月の終わりまで連戦が続くので一戦一戦目標を持って取り組んでいきたいと思います。」

 

言葉一つでチームの勢いを変える監督に注目を!

Football Future ファイル
試合終了後、サポーターと共に喜びを分かち合う。

 

西川が言うように最後の球際で身体を張れるかで勝負は大きく変わってしまう。それをわかった上でもそう簡単にできることではない。ただ、ファイル、ゾットの両チームとも球際では厳しい対応をしていたのがとても印象的であった。

ゾットもハーフタイムには監督・清野の厳しい喝が入り目が覚めたように点を重ねた。しかし、この日はファイルが一枚上手だったというのは結果を見ればわかってしまう。

 

地域チャンピオンズリーグ、そして優勝を目指す上でも負けは許されない。関東リーグ屈指の勝負師・吉成、清野の両者にとって試合終了の笛が鳴るまで『負け』なんて考えは毛頭ないだろうが。

 

 

 

 

Yuta Kawakita